法政大学 生命科学部 環境応用化学科 河内研究室

論文リスト

2020

  • Tomomi Shimizu, Atsushi Kawachi
    “Synthesis, reactions, and photophysical properties of o-(alkoxysilyl)(borafluorenyl)benzenes“
    J. Organomet. Chem. 2020, 912, 121179.
  • Tomomi Shimizu, Shogo Morisako, Yohsuke Yamamoto, Atsushi Kawachi
    “Intramolecular Activation of C−O Bond by an o‐Boryl Group in o‐(Alkoxysilyl)(diarylboryl)benzenes“
    ACS Omega 2020, 5, 871-876.

2018

  • Tomomi Shimizu, Shogo Morisako, Yohsuke Yamamoto, Atsushi Kawachi
    “1,2-Silyl Migration in 1-Halonaphthalenes Catalyzed by I2
    Heteroatom Chem., 2018, 29, e21434.

2017

  • Atsushi Nakamoto, Yohsuke Yamamoto, Atsushi Kawachi,
    “Synthesis and Structures of Edge-functionalized Dihydrodisilaanthracene and Tetrahydrotetrasilapentacene Compounds”
    Chem. Lett. 2017, 46, 1757-1759.
  • 河内敦
    o-(ヒドロシリル)(ボリル)ベンゼンの反応:ホウ素原子によるケイ素—水素結合の分子内活性化」
    総合論文,有機合成化学協会誌Vol.75, No.7, p.714-722 (2017).

2016

  • Tatsuya Hirofuji, Toshiaki Ikeda, Takeharu Haino, Yohsuke Yamamoto, Atsushi Kawachi, “Synthesis of Pentacene-type Silaborin via Double Dehydrogenative Cyclization of 1,4-Diboryl-2,5-disilylbenzene”
    Chem. Eur. J. 2016, 22, 9734-9739.
  • Atsushi Kawachi,
    o-(Dimesitylboryl)(dimethylsilyl)benzene: A System of Intramolecular Si-H Bond Activation by o-Boryl Group”
    A Chapter in “Efficient Methods for Preparing Silicon Compounds”, Edited by Herbert W. Roesky, Chapter 36, pp. 451-454, Elsevier, London, UK (2016).
  • 赤染元浩,河内敦,松本祥治,三野孝
    「スパイラル有機化学」
    筑波出版会(2016年3月)

2013

  • Atsushi Kawachi, Hiroshi Morisaki, Tatsuya Hirofuji, Yohsuke Yamamoto
    “Synthesis of Silicon-Functionalized Dibenzosilaborins by Intramolecular B-H/C-H Dehydrogenative Cyclization and Their Tunable Photophysical and Chemical Properties by Silyl Groups”
    Chem. Eur. J. 2013, 19, 13294-13298.
  • Atsushi Kawachi, Takuya Teranishi, Takuma Deguchi, Yohsuke Yamamoto
    “Counter-Cation Effect on Reactivity of o-(Fluorodimethylsilyl)phenyl Anion”
    Heteroatom Chem. 2013, 24, 1, 53-57.
  • Atsushi Kawachi,
    “Silylamines”
    A chapter for Science of Synthesis, Vol. 4: Compounds of Group 15 (As, Sb, Bi) and Silicon Compounds (Vol. Ed.: M. Oestreich), 4.4.21.13 Product Subclass 4: Silicon Compounds, Gerg Thieme Verlag, Stuttgart, Germany, 2013.
  • 河内敦
    「シリルアニオン」
    「有機ケイ素化学」第7章,吉良満夫,玉尾皓平編,化学同人(2013年).
  • 河内敦・玉尾皓平
    「求核置換反応」
    「有機ケイ素化学」第15章,吉良満夫,玉尾皓平編,化学同人(2013年).

2012

  • Atsushi Kawachi, Hiroshi Morisaki, Norimasa Nishioka, Yohsuke Yamamoto
    “Intramolecular H–Ar Ligand Exchange between Silicon and Boron: Functionality Transfer of Si-H to B-H”
    Chem. Asian J.. 2012, 7, 546-553.
  • László Könczöl, Atsushi Kawachi, Dé nes Szieberth
    “Mechanism of Dehydrogenative Condensation of (o-Borylphenyl)hydrosilanes with Methanol”
    Organometallics 2012, 31, 1, 120-126.

2011

  • Atsushi Kawachi, Saori Nagae, Yasuhiro Onoue, Osamu Harada, Yohsuke Yamamoto
    “Ortho Magnesiation of Boron-substituted Benzenes by Using (TMP)2Mg”
    Chem. Eur. J. 2011, 17, 29, 8005-8008.
  • Atsushi Kawachi, Hiroshi Morisaki, Atsushi Tani, Masatoshi Zaima, Yohsuke Yamamoto
    “Reaction of o-(HSiR2)(BMes2)C6H4 with a Fluoride Ion: Fluoride Attack at Silicon and Hydride Transfer from Silicon to Boron to Form F–Si•••H–B Interaction”
    Heteroatom Chem. 2011, 22, 3/4, 471-475.

2010

  • Atsushi Kawachi, Hiroshi Morisaki, Masatoshi Zaima, Takuya Teranishi, Yohsuke Yamamoto
    “Synthesis and Structures of o-(Dihydrosilyl)(dimesitylboryl)benzenes”
    J. Organomet. Chem. 2010, 695, 2167-2171.
  • Atsushi Kawachi, Koji Machida, and Yohsuke Yamamoto,
    “Synthesis, structure and reactions of triarylgermyl anion with α, δ -ambiphilic character”
    Chem. Commun. 2010, 46, 1890-1892.
  • 河内敦
    「多官能性o-ジシリルベンゼンの合成反応」
    「使える!有機合成反応241 実践ガイド」p.414,丸岡啓二,野崎京子,石井康敬,
    大寺純蔵,富岡清編,化学同人(2010年).

2009

  • Atsushi Kawachi, Koji Machida, Yohsuke Yamamoto,
    “Reactions of [o-(Fluorodimethylsilyl)phenyl]lithium with GeCl2 and SnCl2: Preparation of Poly-functionalized 4-Membered and 5-Membered Cyclic Linkages of Heavier Group 14 Elements”
    Organometallics 2009, 28, 21, 6347-6351.
  • Masahiro Okimoto, Atsushi Kawachi, Yohsuke Yamamoto,
    “Synthesis of Silicon-Functionalized 7-Silanorbornadienes and Their Thermolysis and Photolysis”
    J. Organomet. Chem. 2009, 694, 1419-1426.
  • Atsushi Kawachi, Takuya Teranishi, Yohsuke Yamamoto,
    “Preparation and Oxidative Coupling of Bis[o-(hydrosilyl)phenyl]cuprates and Bis[o-(fluorosilyl)phenyl]cuprates”
    Tetrahedron Lett. 2009, 50, 11, 1226-1228.

2008

  • Shohei Sase, Yoen-Soek Cho, Atsushi Kawachi, Atsushi Wakamiya, Shigehiro Yamaguchi, Hayato Tsuji, Kohei Tamao,
    “Synthesis and Electronic Spectra of Disilatriptycene Oligomers: Evidence for Electronic Delocalization along the One-Dimensional Arrangement of Bridge-Head Disilanes”
    Organometallics 2008, 27, 21, 5441-5445.
  • Atsushi Kawachi, Masatoshi Zaima, Yohsuke Yamamoto,
    “Intramolecular Reaction of Silanol and Triarylborane: Boron– Aryl Bond Cleavage and Formation of a Si-O-B Heterocyle”
    Organometallics 2008, 27, 18, 4691-4696.
  • Atsushi Kawachi, Atsushi Tani, Junpei Shimada, Yohsuke Yamamoto,
    “Synthesis of B/Si Bidentate Lewis Acids, o-(Fluorosilyl)(dimesitylboryl)benzenes, and Their Fluoride Ion Affinity”
    J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 13, 4222-4223.
  • 河内敦
    「古くて新しいケイ素反応剤:o-(フルオロシリル)フェニルリチウムの合成と応用」
    トピックス欄,ケイ素化学協会誌,第25号(2008年11月)。

2007

  • Atsushi Kawachi, Atsushi Tani, Koji Machida, Yohsuke Yamamoto,
    o-(Fluorodimethylsilyl)phenyllithium as a Versatile Reagent for Preparation of Unsymmetrical, Silicon-Functionalized o-Disilylbenzenes”
    Organometallics 2007, 26, 19, 4697-4699.
  • Atsushi Kawachi, Masatoshi Zaima, Atsushi Tani, Yohsuke Yamamoto,
    “Dehydrogenative Condensation of (o-Borylphenyl)hydrosilane with Alcohols and Amines”,
    Chem. Lett. 2007, 36, 3, 362-363.

2006

  • Hayato Tsuji, Tomoyuki Inoue, Yasuhiro Kaneta, Shohei Sase, Atsushi Kawachi, Kohei Tamao,
    “Synthesis, Structure, and Properties of 9-Phospha-10-silatriptycenes and their Derivatives”,
    Organometallics 2006, 25, 26, 6142-6148.
  • Atsushi Kawachi, Takahiro Yoshioka, Yohsuke Yamamoto,
    “Anionic 1,4-Silyl Migration in (2-(Trimethylsilyl)phenyl)phosphonium Methylides”,
    Organometallcs 2006, 25, 9, 2390-2393.

2005

  • Atsushi Kawachi, Hirofumi Maeda, Kohei Tamao,
    “Substituent-Control of Two Modes of Intramolecular Reactions of Allyloxy-Silyllithiums and Propargyloxy-Silyllithiums”,
    Bull. Chem. Soc. Jpn 2005, 78, 8, 1520-1527.
  • Atsushi Kawachi, Masahiro Okimoto, Yohsuke Yamamoto,
    “Functional Group Transformations and Stereochemistry of Silicon-functionalized 7-Silabenzonorbornadienes”,
    Chem. Lett. 2005, 34, 7, 960-961.
  • Makoto Yamashita, Hiromi Murakami, Toshifumi Unrin-in, Atsushi Kawachi, Kin-ya Akiba, Yohsuke Yamamoto,
    “Synthesis and Structure of a Germylene Bearing a 1,8-Dimethoxyanthracene Ligand”,
    Chem. Lett. 2005, 34, 5, 690-691.

2004

  • Atsushi kawachi, Yohei Oishi, Takeshi Kataoka, Kohei Tamao,
    “Preparation of Sulfur-Substituted Silyllithiums and Their Thermal Degradation to Silylenes”,
    Organometallics 2004, 23, 12, 2949-2955.

2002

  • Atsushi Kawachi, Hirofumi Maeda, Kohei Tamao,
    “Configurational Stability of [Di(amino)silyl]lithiums Having Cyclic Structures”,
    Organometallics, 2002, 21, 6, 1319-1321.
  • 河内敦
    「高周期アルカリ土類金属の有機金属化学:最近の展開」
    有機金属ハイライト,Organometallic News, 138 (2002).
  • 河内敦
    「折れ曲がるのか?真直ぐか? 直線状トリシラアレンの分子設計」
    注目の論文,化学 Vol.59, No.12, p.67-68 (2002).

2001

  • Atsushi Kawachi, Takashi Minamimoto, Kohei Tamao,
    “Boron-Metal Exchange Reaction of Silylboranes with Organometallic Reagents: A New Route to Arylsilyl Anions”,
    Chem. Lett. 2001, 10, 1216-1217.
  • Atsushi Kawachi, Kohei Tamao,
    “Synthesis, Structures, and Reactions of Nitrogen, Oxygen, and Sulfur-Functionalized Silyl Anions”,
    J. Synth. Org. Chem., Jpn 2001, 59, 9, 892-903.
  • Atsushi Kawachi, Hirofumi Maeda, Hiroshi Nakamura, Noriyuki Doi, Kohei Tamao,
    “Chirality Transfer during the [2,3]-sila-Wittig Rearrangement and Cyclopropanation Reaction of Optically Active [(sec-Allyloxy)]silyl]lithiums”,J. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 13, 3143-3144.
  • 河内敦,玉尾皓平
    「窒素,酸素,硫黄官能基を有するケイ素アニオン種の合成,構造,反応」
    総合論文,有機合成化学協会誌 Vol.59, No.9, p.892-903 (2001).

2000

  • Atsushi Kawachi, Kohei Tamao,
    “Mixed Reagent (Aminosilyl)lithium/i-PrMgBr for the Synthesis of Functionalized Oligosilanes”,J. Organomet. Chem. 2000, 601, 2, 259-266.
  • Atsushi Kawachi, Hirofumi Maeda, Kohei Tamao,
    “Stereoselective Formation of Cyclopropylsilane through Intramolecular Rearrangement of [(Allyloxy)dimesitylsilyl]lithiums”
    Chem. Lett. 2000, 1216-1217.
  • Kohei Tamao, Masahiro Asahara, Tomoyuki Saeki, Shengyu Feng, Atsushi Kawachi, Akio Toshimitsu, “Nucleophilic Addition of a Divalent Silicon Species Bearing the 8-Dimethylamino-1-naphthyl Group to Diphenylacetylenes to Form the 1-Amino-1-silaphenalene Skeleton”,
    Chem. Lett. 2000, 660-661.
  • Atsushi Kawachi, Hirofumi Maeda, Kohei Tamao,
    “Structures of [(Amino)phenylsilyl]lithium Compounds and Related Species in Solution and in the Solid-state”,
    J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 9, 1919-1926.

1999

  • Atsushi Kawachi, Hirofumi Maeda, Koichi Mitsudo, Kohei Tamao,
    “Optical Resolution and Epimerization of Fluorosilane Having an Optically Active Amino Group: A New Convenient Access to Optically Active Silicon Compounds”,
    Organometallics 1999, 18, 22, 4530-4533.
  • Atsushi Kawachi, Yoko Tanaka, Kohei Tamao,
    “Synthesis and Structures of a Series of Ge–M (M = C, Si, and Sn) Compounds Derived from Germyllithium Containing Three 2-(Dimethylamino)phenyl groups on Germanium”,
    J. Organomet. Chem. 1999, 590, 15-24.
  • Kohei Tamao, Masahiro Asahara, Guang-Ri Sun, Atsushi Kawachi,
    “Synthesis, Structure, and Reactivity of 1,w-Bis(pseudo-pentacoordinated) 1,ω-Difluoro-oligosilanes bearing 8-(Dimethylamino)-1-naphthyl Groups”
    J. Organomet. Chem. 1999, 574, 193-205.
  • Atsushi Kawachi, Yoko Tanaka, Kohei Tamao,
    “Distorted Germyllithium Induced by Intramolecular Coordination of an Amino Group: Synthesis and Structures of {Tris[2-(dimethylamino)phenyl]germyl}lithium”,Eur. J. Inorg. Chem. 1999, 461-464.
  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi, Masahiro Asahara, Akio Toshimitsu,
    “Recent Developments in Silicon Interelement Linkage: The Case of Functionalized Silyllithium, Silylenoid and Sila-Ylide”,
    Pure and Applied Chem. 1999, 71, 3, 393-400.
  • Atsushi Kawachi, Yoko Tanaka, Kohei Tamao,
    “Reaction of {Tris[2-(dimethylamino)phenyl]germyl}lithium with Elemental Selenium: Formation of 2,2,4,4-Tetrakis[2-(dimethylamino)phenyl]-1,3,2,4-diselenadigermetane”,
    Chem. Lett. 1999, 21-22.

1998

  • Yoko Tanaka, Masahiko Hada, Atsushi Kawachi, Kohei Tamao, Hiroshi Nakatsuji,
    “Self-Condensation Reaction of Lithium (Alkoxy)silylenoid: A Model Study by Ab Initio Calculation”,
    Organometallics 1998, 17, 21, 4573-4577.

1997

  • Atsushi Kawachi, Yoko Tanaka, Kohei Tamao,
    “Synthesis and Structures of Tris[2-(dimethylamino)phenyl]silane and -germane Compounds”,Organometallics 1997, 16, 23, 5102-5107.
  • Atsushi Kawachi, Kohei Tamao,
    “Preparations and Reactions of Functionalized Silyllithiums”,Bull. Chem. Soc. Jpn. 1997, 70, 5, 945-955.
  • Kohei Tamao, Guang-Ri Sun, Atsushi Kawachi, Shigehiro Yamaguchi,
    “Regioselective Synthesis of Polyfunctionalized Alkyltrisilanes and -tetrasilanes via Reductive Cross-Coupling Reaction of Aminoalkylsilyl Chlorides with Lithium”,
    Organometallics 1997, 16, 4, 780-788.
  • Atsushi Kawachi, Noriyuki Doi, Kohei Tamao,
    “The Sila-Wittig Rearrangement”,
    J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 1, 233-234.
  • 河内敦
    「官能性シリルアニオンの化学」
    化学のフロンティア ’97,化学と工業,163(1997).

1996

  • Kohei Tamao, Masahiro Asahara, Atsushi Kawachi,
    “The Differing Modes of Reaction of 1-(8-Dimethylamino-1-naphthyl)-1-hydrodisilane and 1-(1-Naphthyl)-1-hydrodisilane in Nickel-Catalyzed Reactions with Acetylenes: Formation of a Pseudo-Pentacoordinate Silole via Si–Si Bond Cleavage vs. Hydrosilation without Si–Si Bond Cleavage”,
    J. Organomet. Chem. 1996, 521, 325.
  • Atsushi Kawachi, Kohei Tamao,
    “The Different Modes of Reaction of Monoalkoxy- and Dialkoxyphenylchlorosilaneswith Lithium Metal: Selective Formation of [2-(Alkoxy)disilanyl]lithium vs (Dialkoxysilyl)lithium”,
    Organometallics 1996, 15, 21, 4653-4656.
  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi, Yoko Tanaka, Hitoshi Ohtani, Yoshihiko Ito,
    “Synthetic Applications of Functionalized Silyl Anions: Aminosilyl Anions as Hydroxy Anion Equivalent”,
    Tetrahedron 1996, 52, 16, 5765-5772.

1995

  • Kohei Tamao, Koichi Nagata, Masahiro Asahara, Atsushi Kawachi, Yoshihiko Ito, Motoo Shiro,
    “Remarkably Facile Thermal Generation of Silylene from a Pentacoordinate Alkoxysilane and Its Trapping as a Pentacoordinate 1,2-Disilacyclobut-2-ene”,
    J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 11592-11593.
  • Kohei Tamao, Guang-Ri Sun, Atsushi Kawachi,
    “Palladium-Catalyzed Skeletal Rearrangement of (Alkoxy)oligosilanes via Silylene Transfer”,
    J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 30, 8043-8044.
  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi,
    “Reduction of Phenylchlorosilanes with Lithium 1-(Dimethylamino)naphthalenide:
    A new Access to Functionalized Silyllithiums”,
    Organometallics 1995, 14, 6, 3108-3111.
  • Kohei Tamao, Guang-Ri Sun, Atsushi Kawachi,
    “Generation and Trapping of 1,3-Dilithio-1,3-disila-isoindolines, the First Example of Dianions of Functionalized Silanes”,
    J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1995, 20, 2079-2080.
  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi,
    “The Chemistry of Silylenoids: Preparation and Reactivity of (Alkoxysilyl)lithium Compounds”,
    Angew. Chem., Int. Ed. Engl. 1995, 34, 7, 818-820.
  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi,
    “Silyl Anions”
    A chapter for Advances in Organometallic Chemistry, (Eds.: F. G. A. Stone, R. West), Academic Press, Inc. San Diego, U.S.A., 1995, 38, 1-58.

1994

  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi, Yoshiki Nakagawa, Yoshihiko Ito,
    “Electronic spectra of (amino)(phenyl)disilanes”,
    J. Organomet. Chem. 1994, 473, 29-34.

1993

  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi, Yoshihiko Ito,
    “Coupling of (Amino)alkylchlorosilanes with Lithium: New Access to Symmetrical Di- and Tetrafunctional Alkyldisilanes”,
    Organometallics 1993, 12, 2, 580-582.

1992

  • Kohei Tamao, Atsushi Kawachi, Yoshihiko Ito,
    “The First Stable Functional Silyl Anions: (Aminosilyl)lithiums”,
    J. Am. Chem, Soc. 1992, 114, 10, 3989-3990.

学会発表リスト

2019

  • (5) The 16th International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead / Poster, P13
    “Preparation of (Borylsilyl)lithium by Sn-Li Exchange Reaction”
    September 1-6, 2019, Saitama University (Saitama city, Saitama)
    Sho Hirotani, Ko Tanaka, and Atsushi Kawachi
  • (4) The 16th International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead / Poster, P05
    “Preparation of (Hydrodiarylsilyl)lithium by Sn-Li Exchange Reaction”
    September 1-6, 2019, Saitama University (Saitama city, Saitama)
    Yuki Nonaka, Ryota Koyanagi, and Atsushi Kawachi
  • (3) The 16th International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead / Poster, P11
    “Preparation of [β-(tert-Butoxy)disilanyl]lithium By Sn-Li Exchange Reaction”
    September 1-6, 2019, Saitama University (Saitama city, Saitama)
    Takuya Matsuo, Tomoki Hirohata, and Atsushi Kawachi
  • (2)日本化学会第99春季年会/口頭発表,4D1-18
    平成30年3月19日,甲南大学岡本キャンパス(兵庫県神戸市)
    松尾巧椰,河内敦
    β(tert-ブトキシ)ジシラニルリチウムを用いた官能性オリゴシランの合成
  • (1)日本化学会第99春季年会/口頭発表,4D1-19
    平成30年3月19日,甲南大学岡本キャンパス(兵庫県神戸市)
    清水智美,河内敦
    ボラフルオレニル基を有するo-(シリル)(ボリル)ベンゼンの合成

2018

  • (7)第22回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 P-27
    平成30年10月26日 ,きぬ川ホテル三日月(栃木県日光市)
    清水智美,河内敦
    ホウ素原子上のアリール基のかさ高さを減少させたo-(シリル)(ボリル)ベンゼンの合成
  • (6)第22回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 P-28
    平成30年10月26日,きぬ川ホテル三日月(栃木県日光市)
    廣谷翔,田中功,河内敦
    ホウ素置換シリルリチウムの合成
  • (5)第22回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表  P-29
    平成30年10月26日,きぬ川ホテル三日月(栃木県日光市)
    野中雄貴,小柳涼汰,河内敦
    (ジメシチルシリル)ジメシチルボランの合成と反応
  • (4)第22回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表  P-31
    平成30年10月26日,きぬ川ホテル三日月(栃木県日光市)
    松尾巧椰,廣畑智紀,河内敦
    β(tert-ブトキシ)ジシラニルアニオンを用いた官能性オリゴシランの合成
  • (3)日本化学会第98春季年会/口頭発表 2A8-28
    平成30年3月21日,日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)
    清水智美,河内敦
    ホウ素原子上のアリール基のかさ高さを減少させたo-(シリル)(ボリル)ベンゼンの合成
  • (2)日本化学会第98春季年会/ポスター発表 2PA-128
    平成30年3月21日,日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)
    小柳涼汰,河内敦
    (ジメシチルシリル)ジメシチルボランと求核剤との反応
  • (1)日本化学会第98春季年会/ポスター発表 2PA-127
    平成30年3月21日,日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)
    田中功,河内敦
    ホウ素置換シリルリチウムの合成

2017

  • (4)日本化学会第97春季年会/口頭発表 3G3-55
    平成29年3月18日,慶応大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
    佐藤奨弥,河内敦
    o-(ヒドロシリル)(ボリル)ベンゼンから誘導されるヒドロボレートのヒドリド供与能の評価
  • (3)日本化学会第97春季年会/口頭発表 3G3-47
    平成29年3月18日,慶応大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
    清水智美,河内敦
    1-ハロ-8-(シリル)ナフタレンの分子内シリル転位
  • (2)日本化学会第97春季年会/口頭発表 2G5-39
    平成29年3月17日,慶応大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
    小柳涼汰,河内敦
    ヒドロシリルボランの合成と反応
  • (1)日本化学会第97春季年会/口頭発表 2G5-40
    平成29年3月17日,慶応大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
    田中功,河内敦
    官能性シリルボランの合成と反応

2016

  • (5)第20回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 P27
    平成28年10月7—8日,安芸グランドホテル(広島県廿日市市)
    小柳涼汰,河内敦
    ヒドロシリルボランの合成
  • (4)第20回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 P29
    平成28年10月7—8日,安芸グランドホテル(広島県廿日市市)
    清水智美,河内敦
    1-(ジメチルシリル)-8-(ジメシチルボリル)ナフタレンの合成
  • (3)第20回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 P37
    平成28年10月7—8日,安芸グランドホテル(広島県廿日市市)
    田中功,河内敦
    [2-(tert-ブトキシ)ジシラニル]ボランの合成
  • (2)新学術領域研究「感応性化学種が拓く新物質科学」第6回公開シンポジウム/口頭発表 O-7
    平成28年5月20-21日,広島大学学士会館(広島県東広島市)
    河内敦
    高感応性シリルボランの合成と反応
  • (1)第17回有機合成化学協会関東支部シンポジウム/口頭発表 C-27
    平成28年5月14日,東京農工大学(東京都小金井市)
    河内敦,新保文隆,阿部佳祐
    o-(シリル)(ボリル)ベンゼンを基盤とするSi-H結合およびH-H結合の活性化

2015

  • (3)日本化学会第96春季年会/ポスター発表 3PA-127
    平成28年3月24-27日,同志社大学(京都府京田辺市)
    Kawachi, Atsushi; Shinbo, Fumitaka; Abe Keisuke
    Hydrogen Molecule Activation by o-(Hydrosilyl)(boryl)benzene: Observation of H-D Exchange Reaction
  • (2)日本化学会第96春季年会/ポスター発表 3PA-125
    平成28年3月24-27日,同志社大学(京都府京田辺市)
    Shimizu, Tomomi; Kawachi, Atsushi
    ケイ素官能性2,2′-(シリル)(ボリル)ビフェニルの合成検討
  • (1)新学術領域研究「感応性化学種が拓く新物質科学」第4回公開シンポジウム/口頭発表
    平成27年5月22-23日,京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市)
    河内敦
    高感応性シリルボランの合成と反応

2014

  • (5)第41回有機典型元素化学討論会/ポスター発表
    平成26年11月27−29日,山口県宇部市宇部文化会館
    中本敦,河内敦,山本陽介
    含ケイ素ラダー型ポリマーの合成を指向した官能性ケイ素置換ジリチオアレーン類の開発
    “Development of Dilithioarenes bearing Functionalized Silyl groups Directed toward Synthesis of Silicon-containing Ladder Polymers”
  • (4)第41回有機典型元素化学討論会/ポスター発表
    平成26年11月27−29日,山口県宇部市宇部文化会館
    木村沙希,河内敦,山本陽介
    ホウ素原子によるケイ素-水素結合の分子内活性化:反応性における連結部位の効果
    “Intramolecular Si-H Bond Activation by Boryl Group: Effect of Connection Site in Reactivity”
  • (3)第18回ケイ素化学協会シンポジウム/トピックス講演
    平成26年10月17-18日,ホテルラフォーレ那須(栃木県那須郡那須町)
    河内敦
    分子内ホウ素原子によるケイ素-水素結合の活性化
    “Si-H Bond Activation by Intramolecular Boryl Group”
  • (2)日本化学会第94春季年会/ポスター発表 2PB-029
    平成25年3月27−30日,名古屋大学(愛知県名古屋市)
    木村沙希,河内敦,山本陽介
    ホウ素原子によるケイ素-水素結合の分子内活性化:ジアリールボリルメチル基を有するヒドロシランの合成と反応
    “Intramolecular Si-H Bond Activation by Boryl Group: Synthesis and Reaction of a Hydrosilane Bearing Diarylborylmethyl Group”
  • (1)日本化学会第94春季年会/口頭発表 2C2-43
    平成25年3月27−30日
    名古屋大学(愛知県名古屋市)
    廣藤龍哉,河内敦,山本陽介
    脱水素環化反応によるラダー型シラボリンの合成と構造
    “Preparation of Ladder-type Silaborins by Dehydrogenative Cyclization and Their Structures”

2013

  • (3)第40回有機典型元素化学討論会/ポスター発表 P-59
    平成25年12月5−7日,近畿大学(大阪府東大阪市)
    廣藤龍哉・森崎宏・河内敦・山本陽介
    ケイ素官能性ジベンゾシラボリンの合成,構造および光物性
    “Synthesis, Structures, and Photophysical Properties of Silicon-Functionalized Dibenzosilaborins”
  • (2)第60回有機金属化学討論会/ポスター発表 P3C-33
    平成25年9月12−14日,学習院大学(東京都豊島区)
    中本敦,河内敦,山本陽介
    含ケイ素ラダー型ポリマーの合成を指向した官能性ケイ素置換ジリチオアレーン類の開発
    “Development of Dilithioarenes Bearing Functionalized Silyl Groups Directed toward Synthesis of Silicon-containing Ladder Polymers”
  • (1)日本化学会第93春季年会/口頭発表 4B3-08
    平成25年3月22−25日,立命館大学(滋賀県草津市)
    廣藤龍哉,河内敦,山本陽介
    ケイ素官能性ジベンゾシラボリンの合成と反応
    “Synthesis and Reactions of Silicon-Functionalized Dibenzosilaborins”

2012

  • (5)有機合成化学協会中国四国支部第28若手化学道場/依頼講演
    平成24年9月7−8日,島根県立青少年の家(島根県出雲市)
    河内敦
    H-Ar交換反応およびB-H/C-H脱水素化によるジベンゾシラボリンの合成と反応
  • (4)有機合成化学協会中国四国支部第67パネル討論会「有機ケイ素化学の進化」/依頼講演
    平成24年5月19日,広島大学理学部(広島県東広島市)
    河内敦
    ケイ素—水素結合およびケイ素—フッ素結合の反応性制御と新規14族元素化合物の合成
  • (3)日本化学会第92春季年会/口頭発表 3H1-35
    平成24年3月25−28日,慶応大学(神奈川県横浜市)
    廣藤龍哉,河内敦,山本陽介
    ケイ素官能性ジベンゾシラボリンの合成,構造および反応
    “Synthesis, Structures and Reactions of Silicon-Functionalized Dibenzosilaborins”
  • (2)日本化学会第92春季年会/口頭発表 3H1-37
    平成24年3月25−28日,慶応大学(神奈川県横浜市)
    植木幸広,河内敦,山本陽介
    分子内B-H/C-H脱水素化による含ホウ素環状化合物の合成
    “Synthesis of Boron-Containing Cyclic Compounds by Intramolecular B-H/C-H Dehydrogenation”
  • (1)新学術領域研究「分子活性化」第2回公開シンポジウム/口頭発表
    平成24年11月19−20日,京都大学桂キャンパス(京都府京都市)
    河内敦
    分子内反応による反応活性種の生成を鍵段階とするホウ素置換芳香族化合物の合成
    “Synthesis of Boron-substituted Aromatic Compounds Involving a Key Step Generating Reactive Species by Intramolecular Reactions”

2011

  • (4)第58回有機金属化学討論会/ポスター発表
    平成23年9月7−9日,名古屋大学(愛知県名古屋市)
    河内敦,森﨑宏,山本陽介
    ケイ素原子とホウ素原子との間の水素−アリール基交換反応についての理論的研究
    “A Theoretical Study on H–Ar Ligand Exchange between Silicon atom and Boron atom”
  • (3)文部科学省平成23年度新学術領域研究「直截的物質変換をめざした分子活性化法の開発」第1回全体会議/口頭発表
    平成23年5月27−28日,大阪大学中之島センター(大阪府大阪市)
    河内敦
    分子内反応を鍵段階とするホウ素置換芳香族化合物のオルトメタル化反応の開発と応用
    “Development and application of ortho metalation of boron-substituted aromatic compounds involving an intramolecular reaction as a key step”
  • (2)日本化学会第91春季年会/口頭発表 2A6-49
    平成23年3月26−29日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    河内敦,長江沙織,原田理,山本陽介
    ホウ素原子置換ベンゼンのオルトマグネシオ化反応:オルトマグネシオ体のX線結晶構造解析
    “Ortho Magnesiation of a Boron-substituted Benzene”
  • (1)日本化学会第91春季年会/口頭発表 1A6-42
    平成23年3月26−29日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    森﨑宏,河内敦,山本陽介
    o-ヒドロシリル(ボリル)ベンゼンの分子内環化によるジベンゾシラボリンの合成
    “Synthesis of Dibenzosilaborins by Intramolecular Cyclization of o-Hydrosilyl(boryl)benzenes”

2010

  • (6)第37回有機典型元素化学討論会/ポスター発表 P-43
    平成22年11月25-27日,室蘭市民会館(北海道室蘭市)
    石部徹,河内敦,山本陽介
    二つのホスホニウムメチリドを分子内炭素配位子とする5配位ケイ素化合物の合成研究
    “Synthetic Study on Pnetacoordinate Silicon Compounds Bearing Two Phosphonium Methylides as Intramolecular Carbon Ligands”
  • (5)第14回ケイ素化学協会シンポジウム/トピックス講演
    平成22年11月19−20日,ニューウェルシティー湯河原(静岡県熱海市)
    o-(フルオロシリル)フェニルメタル化合物の合成・構造・反応
    “Synthesis, Structures, and Reactions of o-(Fluorosilyl)phenylmetal Compounds”
    河内敦
  • (4)第57回有機金属化学討論会/ポスター発表 P3A-21
    平成22年9月9-11日,中央大学(東京都八王子市)
    森﨑宏,河内敦,山本陽介
    o-ジヒドロシリル(ジメシチルボリル)ベンゼンの合成と反応
    “Synthesis and Reactions of o-Dihydrosilyl(dimesitylboryl)benzenes”
  • (3)日本化学会第90春季年会/口頭発表 2C2-44
    平成22年3月26−29日,近畿大学(大阪府東大阪市)
    島田淳平,河内敦,山本陽介
    o-(ジフルオロシリル)(ジメシチルボリル)ベンゼンのフッ化物イオンとの錯形成および動的挙動
    “Complexation of o-(Difluorosilyl)(dimesitylboryl)benzenes with a Fluoride Ion and Their Dynamic Behaviors”
  • (2)日本化学会第90春季年会/口頭発表 2C2-45
    平成22年3月26−29日,近畿大学(大阪府東大阪市)
    河内敦,森﨑宏,山本陽介
    o-ジヒドロシリル(ジメシチルボリル)ベンゼンの合成と反応
    “Synthesis and Reactions of o-Dihydrosilyl(dimesitylboryl)benzenes”
  • (1)日本化学会第90春季年会/口頭発表 4G3-09
    平成22年3月26−29日,近畿大学(大阪府東大阪市)
    河内敦,石部徹,山本陽介
    二つのホスホニウムイリドを分子内配位子とする5配位ケイ素化合物の合成研究
    “Synthetic Study on Pentacoordinate Silicon Compounds Intramolecularly Coordinated by Two Phosphonium Ylides”

2009

  • (8)第36回有機典型元素化学討論会/ポスター発表 P-38
    平成22年12月10−12日,鳥取県民文化会館(鳥取市)
    o-(ジフルオロシリル)(ジメシチルボリル)ベンゼンのフッ化物イオンとの錯形成および動的挙動
    “Complexation of o-(Difluorosilyl)(dimesitylboryl)benzenes with a Fluoride Ion and Their Dynamic Behaviors”
    島田淳平,河内敦,山本陽介
  • (7)第13回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 P-11
    平成21年10月30−31日,唐津ロイヤルホテル(佐賀県唐津市)
    二つのホスホニウムイリドを分子内配位子とする5配位ケイ素化合物の合成研究
    “Synthetic Study on Pentacoodinate Silicon Compounds Intramolecularly Coordinated by Two Phosphonium Ylides”
    河内敦,石部徹,山本陽介
  • (6)第13回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 P-12
    平成21年10月30−31日,唐津ロイヤルホテル(佐賀県唐津市)
    o-ジヒドロシリル(ジメシチルボリル)ベンゼンの合成と反応
    “Synthesis and Reactions of o-Dihydrosilyl(dimesitylboryl)benzenes”
    河内敦,森崎宏,山本陽介
  • (5)第56回有機金属化学討論会/ポスター発表 P3C-36
    平成21年9月9−11日,同志社大学(京都府京都市)
    TMP塩基によるホウ素原子置換ベンゼンのオルトメタル化反応の開発
    “Development of Ortho Metalation of Boron-substituted Benzenes Using TMP Base”
    長江沙織,河内敦,山本陽介
  • (4)文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「炭素資源の高度分子変換」・取り纏めシンポジウム「プロセス化学を指向する精密有機合成化学・/依頼講演
    平成21年6月1−2日,京都テルサ(京都府京都市)
    o-シリルおよびo-ボリルフェニルメタル化合物の合成と反応
    “Preparation and Reactions of o-Silyl and o-Borylphenylmetal Compounds”
    河内敦
  • (3)日本化学会第89春季年会/口頭発表 1K3-52
    平成21年3月27−30日,日本大学(千葉県船橋市)
    トリス[o-(フルオロシリル)フェニル]ゲルミルポタシウムの合成と構造
    “Synthesis and Structure of a {Tris[o-(fluorosilyl)phenyl]germyl}potassium”
    河内敦,町田康士,山本陽介
  • (2)日本化学会第89春季年会/口頭発表 2K3-47
    平成21年3月27−30日,日本大学(千葉県船橋市)
    o-(ジフルオロメチルシリル)(ジメシチルボリル)ベンゼンの合成およびフッ化物イオンとの錯形成
    “Synthesis of o-(Difluoromethylsilyl)(dimesitylboryl)benzene and Its Complexation with a Fluoride Ion”
    河内敦,島田淳平,山本陽介
  • (1)日本化学会第89春季年会/口頭発表 4F2-14
    平成21年3月27−30日,日本大学(千葉県船橋市)
    “TMP塩基によるホウ素原子置換ベンゼンのオルトメタル化反応における置換基効果
    “Substituent Effect on Ortho Metalation of Boron-substituted Benzenes Using TMP Base”
    河内敦,長江沙織,山本陽介

2008

  • (8)第35回有機典型元素化学討論会/ポスター発表 P-15
    平成20年12月11−13日,首都大学東京(東京都八王子市)
    ケイ素官能性2,2′-ジシリルビフェニルおよびその誘導体の合成と構造
    “Synthesis and Structures of Silicon-Functionalized 2,2′-Disilylbiphenyls and Their Derivatives”
    河内敦,寺西拓也,山本陽介
  • (7)第19回基礎有機化学討論会/ポスター発表 2P-015
    平成20年10月3−5日,大阪大学(大阪府吹田市)
    TMP塩基によるホウ素原子置換ベンゼンのオルトメタル化反応の開発
    “Development of Ortho Metalation of a Boron-substituted Benzene using TMP Bases”
    河内敦,長江沙織,尾野上康裕,山本陽介
  • (6)第19回基礎有機化学討論会/ポスター発表 2P-016
    平成20年10月3−5日,大阪大学(大阪府吹田市)
    分子内配位子としてホスホニウムフルオレニリドを有する5配位ケイ素化合物の合成と構造
    “Synthesis and Structures of Pentacoordinate Silicon Compounds bearing a Phophonium Ylide”
    河内敦,三宮瑠美,吉岡敬裕,山本陽介
  • (5)第43回有機反応若手の会/特別講演
    平成20年7月9−11日,サンルート堺(大阪府堺市)
    ortho-(フルオロシリル)フェニルメタル化合物の合成・反応とそのキソ
    河内敦
  • (4)文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「炭素資源の高度分子変換」第5回公開シンポジウム/成果発表
    平成20年6月16−17日,仙台国際センター(宮城県仙台市)
    o-(フルオロシリル)フェニルリチウムを用いた含典型元素パイ電子系の構築
    “Construction of -Electron Systems Cotaining Main Group Elements using o-(Fluorosilyl)phenyllithiums”
    河内敦
  • (3)日本化学会第88春季年会/口頭発表 1E8-35
    平成20年3月26−30日,立教大学(東京都豊島区)
    o-(フルオロシリル)フェニルリチウムとジクロロゲルミレンとの反応によるベンゾシラゲルマシクロブテンの合成
    “Synthesis of a Benzosilagermacyclobutene by Reaction of o-(Fluorosilyl)phenyllithium and Dichlorogermylene”
    河内敦,町田康士,山本陽介
  • (2)日本化学会第88春季年会/口頭発表 1E8-36
    平成20年3月26−30日,立教大学(東京都豊島区)
    TMP塩基によるホウ素原子置換ベンゼンのオルトメタル化反応
    “Ortho Metalation of a Boron-substituted Benzene using TMP Bases”
    河内敦,長江沙織,尾野上康裕,山本陽介
  • (1)日本化学会第88春季年会/口頭発表 3E8-47
    平成20年3月26−30日,立教大学(東京都豊島区)
    o-(フルオロシリル)(ジメシチルボリル)ベンゼンのフッ化物イオンとの錯形成挙動
    “Complexation Behavior of o-(Fluorosilyl)(dimesitylboryl)benzenes with Fluoride Ion”
    河内敦,島田淳平,山本陽介

2007

  • (7)第34回有機典型元素化学討論会/ポスター発表 P-18
    平成19年12月13−15日,大阪大学(大阪府吹田市)
    分子内配位子としてホスホニウムフルオレニリドを有する5配位ケイ素化合物の合成研究
    “Synthetic Study of Pentacoordinate Silicon Compounds bearing a Phophonium Ylide”
    河内敦,三宮瑠美,吉岡敬裕,山本陽介
  • (6)2007年日本化学会西日本大会/口頭発表 2E1-17
    平成19年11月10−11日,岡山大学(岡山県岡山市)
    o-ボリル(ヒドロキシシリル)ベンゼンの分子内ホウ素−炭素結合切断反応
    河内敦,財間政智,山本陽介
  • (5)第54回有機金属化学討論会/口頭発表 A104
    平成19年10月27−28日,広島大学(広島県東広島市)
    異核二座ルイス酸, o-(ボリル)(フルオロシリル)ベンゼンの合成とフッ化物イオンとの錯形成挙動
    “Synthesis of Heteronuclear Bidentate Lewis Acids, o-(Boryl)(fluorosilyl)benzenes, and Their Complexation Behaviors with Fluoride Ion”
    河内敦,谷厚志,島田淳平,山本陽介
  • (4)第54回有機金属化学討論会/ポスター発表 PA131
    平成19年10月27−28日,広島大学(広島県東広島市)
    o-(シリル)フェニルクプラート類の酸化的カップリングによるケイ素官能性2,2′-ジシリルビフェニルの合成
    “Synthesis of Silicon-Functionalized 2,2′-Disilylbiphenyls by Oxidative Coupling of o-(Silyl)phenylcuprates”
    河内敦,寺西拓也,谷厚志,山本陽介
  • (3)日本化学会第87春季年会/口頭発表 4L2-04
    平成19年3月25−28日,関西大学(大阪府吹田市)
    o-(フルオロジフェニルシリル)フェニルリチウムの合成と反応
    “Preparation and Reactions of o-(Fluorodiphenylsilyl)phenyllithium”
    河内敦,谷厚志,山本陽介
  • (2)日本化学会第87春季年会/口頭発表 4L2-05
    平成19年3月25−28日,関西大学(大阪府吹田市)
    o-シリルフェニルリチウム類の酸化的カップリングによる2,2′-ジシリルビフェニルの合成
    “Preparation of 2,2′-Disilylbiphenyls by Oxidative Coupling of o-Silylphenyllithiums”
    河内敦,寺西拓也,谷厚志,山本陽介
  • (1)日本化学会第87春季年会/口頭発表 4L2-06
    平成19年3月25−28日,関西大学(大阪府吹田市)
    o-ボリル(ヒドロキシシリル)ベンゼンの分子内ホウ素−炭素結合切断反応
    “Intramolecular Boron-Carbon Bond Cleavage Reaction in o-Boryl(hydroxysilyl)benzene”
    河内敦,財間政智,谷厚志,山本陽介

2006

  • (8)第11回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表
    平成18年11月10−11日,桐生市市民文化会館(群馬県桐生市)
    o-(ボリル)シリルベンゼンの合成およびフッ化物イオンとの反応
    “Synthesis of o-(Boryl)silylbenzenes and Its Reaction with Fluoride Ion”
    河内敦,谷厚志,山本陽介
  • (7)第11回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表
    平成18年11月10−11日,桐生市市民文化会館(群馬県桐生市)
    河内敦,財間政智,山本陽介
  • (6)21世紀COE「京都大学化学研究教育拠点」・有機元素化学セミナー/依頼講演
    平成18年10月26日,京都大学化学研究所(京都府宇治市)
    o-(フルオロシリル)フェニルリチウムの開発と多座ルイス酸合成への応用
    河内敦
  • (5)第53回有機金属化学討論会/ポスター発表 PA-102
    平成18年9月8−9日,大阪市立大学(大阪府大阪市)
    (2-ボリルフェニル)ヒドロシランとアルコール類およびアミン類との脱水素縮合反応
    “Dehydrocondensation Reaction of a (2-Borylphenyl)hydrosilane with Alcohols and Amines”
    河内敦,財間政智,谷厚志,山本陽介
  • (4)日本化学会第86春季年会/口頭発表 3F4-08
    平成18年3月27−30日,日本大学(千葉県船橋市)
    ホスホニウムフルオレニドを分子内配位子とする五配位ケイ素化合物の合成の試み
    “Attempted Synthesis of Pentacoordinate Silicon Compounds Bearing a Phophonium Fluorenylide as an Intramolecular Ligand”
    河内敦,吉岡敬裕,山本陽介
  • (3)日本化学会第86春季年会/口頭発表 3F4-09
    平成18年3月27−30日,日本大学(千葉県船橋市)
    (2-ボリルフェニル)ヒドロシランとアルコール類との脱水素縮合反応
    “Dehydrocondensation Reaction of a (2-Borylphenyl)hydrosilane with Alcohols”
    河内敦,財間政智,谷厚志,山本陽介
  • (2)日本化学会第86春季年会/口頭発表 3F4-10
    平成18年3月27−30日,日本大学(千葉県船橋市)
    (2-リチオフェニル)ハロシラン化合物の合成と反応
    “Preparation and Reactions of (2-Lithiophenyl)halosilanes”
    河内敦,谷厚志,山本陽介
  • (1)日本化学会第86春季年会/口頭発表 3F4-12
    平成18年3月27−30日,日本大学(千葉県船橋市)
    7-シラベンゾノルボルナジエン誘導体の分解反応
    “Decomposition Reactions of 7-Silabenzonorbornadiene Derivatives”
    河内敦,沖本真広,山本陽介

2005

  • (6)第32回へテロ原子化学討論会/口頭発表 O-05
    平成17年12月4日−6日,つくば国際会議場(茨城県つくば市)
    (2-ボリルフェニル)シラン誘導体の合成,構造および反応
    “Preparations, Structures, and Reactions of (2-Borylphenyl)silane”
    河内敦,谷厚志,山本陽介
  • (5)第52回有機金属化学討論会/ポスター発表 PA234
    平成17年9月15−16日,同志社大学(京都府京田辺市)
    (2-ボリルフェニル)ヒドロシランの合成およびフッ化物イオンとの反応
    “Synthesis of (2-Borylphenyl)hydrosilane and Its Reaction with Fluoride Ion”
    河内敦,谷厚志,山本陽介
  • (4)日本化学会第85春季年会/口頭発表 1B6-23
    平成17年3月26日(土)−29日(火),神奈川大学(神奈川県横浜市)
    (2-トリメチルシリルフェニル)ジメチルホスホニウムイリドにおける1,4-シリル移動
    “1,4-Silyl Migration in (2-Trimethylsilylphenyl)dimethylphosphonium Ylide”
    河内敦,吉岡敬裕,山本陽介
  • (3)日本化学会第85春季年会/口頭発表 1C5-19
    平成17年3月26−29日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    7-クロロ-7-シラノルボルナジエン化合物と求核剤との反応
    “Reactions of 7-Chloro-7-silanorbornadiene Compound with Nucleophiles”
    河内敦,沖本真広,山本陽介
  • (2)日本化学会第85春季年会/口頭発表 1B6-28
    平成17年3月26−29日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    ビス(ジイソプロピルアミノ)ボリル(p-クロロフェニルテルリド)の構造と反応
    “Structure and Reactivity ofBis(diisopropylamino)boryl p-Chlorophenyl Telluride”
    河内敦,薬師神啓孝,山本陽介
  • (1)日本化学会第85春季年会/口頭発表 1C5-29
    平成17年3月26−29日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    (2-ボリルフェニル)シラン化合物の合成およびフッ化物イオンとの反応
    “Synthesis and Reaction of (2-Borylphenyl)silane with Fluoride Ion”
    河内敦,谷厚志,山本陽介

2004

  • (6)第31回へテロ原子化学討論会/ポスター発表 P-25
    平成16年12月8−10日,和歌山市民会館(和歌山県和歌山市)
    ボリルトリフラートを経由した新規なボリルテルリドの合成と構造
    “Synthesis and Structures of Novel Boryl Tellurides via Boryl Triflates”
    河内敦,薬師神啓孝,山本陽介
  • (5)第51回有機金属化学討論会/ポスター発表 PA140
    平成16年(2004年)10月22−23日,学習院大学(東京都豊島区)
    7-シラノルボルナジエン誘導体の合成と反応
    “Synthesis and Reactions of 7-Silanorbornadiene Derivatives”
    河内敦,沖本真広,山本陽介
  • (4)第51回有機金属化学討論会/ポスター発表 PA238
    平成16年10月22−23日,学習院大学(東京都豊島区)
    o-シリル置換(アリール)ホスホニウムイリドにおける1,4-シリル移動
    “1, 4-Silyl Migration in ortho-Silylated Arylphosphonium Ylide”
    河内敦,吉岡敬裕,山本陽介
  • (3)第84日本化学会春季年会/口頭発表 1B3-15
    平成16年3月26−29日,関西学院大学(兵庫県県西宮市)
    7-シラノルボルナジエン化合物におけるケイ素原子上の官能基変換
    “Functional Group Transformation of 7-Silanorbornadiene Compounds”
    河内敦,沖本真広,山本陽介
  • (2)第84日本化学会春季年会/口頭発表 1B3-33
    平成16年3月26−29日,関西学院大学(兵庫県西宮市)
    分子内にホスホニウムイリド配位子を有する高配位ケイ素化合物の合成と反応
    “Preparation and Reactions of Pentacoordinate Silicon Compounds Bearing Phosphonium Ylide Ligand”
    河内敦,吉岡敬裕,山本陽介
  • (1)第84日本化学会春季年会/ポスター発表 1-PC176
    平成16年3月26−29日,関西学院大学(兵庫県県西宮市)
    ボリルトリフラートを経由するボリルテルリドの効率的合成
    “Effective Synthesis of Novel Boryl Tellurides via Boryl Triflates”
    河内敦,薬師神啓孝,山本陽介

2003

  • (2)第30回へテロ原子化学討論会/ポスター発表 P-16
    平成15年12月11−13日,富山県富山市
    1,8-ジメトキシアントラセン配位子を有するゲルマニウム化合物の合成とその構造
    雲林院敏文,村上博美,山下誠,河内敦,山本陽介
  • (1)第19回若手研究者のための化学道場/師範講演
    平成15年9月12−13日,国民年金保養センター「いなばじ」(鳥取県鳥取市)
    官能性シリルリチウム化合物の分子内転位反応
    河内敦

2002

  • (2)第49回有機金属化学討論会/ポスター発表 PA226
    平成14年(2002年)9月12−13日,神戸大学(兵庫県神戸市)
    1,8-ジメトキシアントラセン配位子を有するゲルミレンの合成と構造
    “Synthesis and Structure of a Germylene Bearing a 1,8-Dimethoxyanthracene Ligand”
    山下誠,村上博美,雲林院敏文,河内敦,山本陽介
  • (1)第81日本化学会春季年会/口頭発表 4G6-28
    平成14年3月26−29日,早稲田大学(東京都新宿区)
    ホスファシラトリプチセンの遷移金属触媒反応へのホスフィン配位子としての活用
    “Phosphasilatriptycene as a new phosphine ligand in transition metal catalyzed reactions”
    河内敦,金田康宏,玉尾皓平

2001

  • (6)第48回有機金属化学討論会/口頭発表 A211
    平成13年9月18−19日,横浜国立大学(神奈川県横浜市)
    硫黄原子置換シリルリチウムの合成と反応
    “Preparation and Reactions of Sulfur-Substituted Silyllithiums”
    河内敦,大石洋平,片岡健,玉尾皓平
  • (5)第79日本化学会春季年会/進歩賞受賞講演
    平成13年3月28−31日,甲南大学(兵庫県神戸市)
    窒素,酸素,硫黄官能基を有するケイ素アニオン種の化学の開拓
    “Development of the Chemistry of Nitrogen, Oxygen, and Sulfur-Functionalized Silyl Anions”
    河内敦
  • (4)第79日本化学会春季年会/口頭発表 3B4-15
    平成13年3月28−31日,甲南大学(兵庫県神戸市)
    ジ(アリールチオ)シリルリチウム化合物の合成と反応
    “Preparation and Reactions of Di(arylthio)silyllithium Compound”
    河内敦,大石洋平,玉尾皓平
  • (3)第79日本化学会春季年会/口頭発表 3B4-09
    平成13年3月28−31日,甲南大学(兵庫県神戸市)
    橋頭位にリン原子とケイ素原子を有するホスファシラトリプチセン類の合成と構造
    “Synthesis and Structures of Phosphasilatriptycene Derivatives”
    河内敦,金田康宏,玉尾皓平
  • (2)第79日本化学会春季年会/口頭発表 2H5-13
    平成13年3月28−31日,甲南大学(兵庫県神戸市)
    アリルオキシおよびプロパルギルオキシ-シリルリチウム化合物の分子内転位における置換基効果
    “Substituent Effect on the Intramolecular Rearrangement of the Allyloxy and Propargyloxy-Silyllithiums”
    河内敦,前田博文,玉尾皓平
  • (1)文部省科学研究費補助金特定領域研究「物質設計と反応制御の分子物理化学」第4回公開シンポジウム/成果発表
    平成12年1月11−13日,熊本国際交流会館(熊本県熊本市)
    硫黄官能基を有するケイ素アニオン種の合成と反応
    “Preparation and Reactions of Sulfur-Functionalized Silyl Anions”
    河内敦

2000

  • (7)第5回ケイ素化学協会シンポジウム/依頼講演
    平成12年11月1−2日,大阪府東大阪市
    官能性シリルリチウム化合物の新しい分子内転位反応
    “Novel Intramolecular Rearrangement of the Functionalized Silyllithiums”
    河内敦
  • (6)第47回有機金属化学討論会/ポスター発表
    平成12年10月2−3日,名古屋大学(愛知県名古屋市)
    [2,3]-シラ-Wittig転位とシクロプロパン化反応における不斉転写
    “Intramolecular Rearrangement of the [(Allyloxy)silyl]lithiums: Chirality Transfer in the [2,3]-Sila-Wittig Rearrangement and the Cyclopropanation Reaction”
    河内敦,前田博文,中村博,土井孝之,玉尾皓平
  • (5)第78回有機合成シンポジウム/口頭発表 1A-16
    平成12年9月28−29日,京都工芸繊維大学(京都府京都市)
    [(アリルオキシ)シリル]リチウムの分子内転位反応:[2,3]-シラ-Wittig転位とシクロプロパン化反応における不斉転写
    河内敦,前田博文,中村博,土井孝之,玉尾皓平
  • (4)第33回有機金属化学若手の会/依頼講演
    平成12年7月,京都厚生年金休暇センター(京都府京田辺市)
    α-ヘテロ原子置換シリルリチウム化合物の化学
    河内敦
  • (3)第78日本化学会春季年会/口頭発表
    平成12年3月28−31日,日本大学(千葉県船橋市)
    硫黄原子置換シリルリチウムの合成と反応
    河内敦,玉尾皓平
  • (2)第78日本化学会春季年会/口頭発表
    平成12年3月28−31日,日本大学(千葉県船橋市)
    [(アリルオキシ)シリル]リチウムの分子内転位反応:[2,3]-シラ-Wittig転位とシクロプロパン化反応
    河内敦,前田博文,中村博,玉尾皓平
  • (1)第78日本化学会春季年会/口頭発表
    平成12年3月28−31日,日本大学(千葉県船橋市)
    かさ高い置換基を有する(メトキシシリル)リチウムの合成と反応
    河内敦,南本天,玉尾皓平

1999

  • (6)第4回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表
    平成11年11月4−5日,ホテル国際きのこ会館(群馬県桐生市)
    シラ-Wittig転位における1,3-不斉転写の開発
    河内敦,前田博文,玉尾皓平
  • (5)第46回有機金属化学討論会/口頭発表 B108
    平成11年9月16−17日,近畿大学(大阪府東大阪市)
    シラ-Wittig転位およびアザ-シラ-Wittig転位の開発とその有機合成化学的応用
    河内敦,土井孝之,前田博文,中村博,玉尾皓平
  • (4)第76回日本化学会春季年会/依頼講演
    平成11年3月28−31日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    官能性シリルアニオンの化学
    河内敦
  • (3)第76回日本化学会春季年会/口頭発表
    平成11年3月28−31日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    光学活性アミノ基をもつ(アミノ)フルオロシランの光学分割とエピマー化
    河内敦,前田博文,光藤耕一,玉尾皓平
  • (2)第76回日本化学会春季年会/口頭発表 3B5-35
    平成11年3月28−31日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    {トリス[2-(ジメチルアミノ)フェニル]ゲルミル}リチウムの合成および構造
    河内敦,田中陽子,玉尾皓平
  • (1)第76回日本化学会春季年会/ポスター発 1PA-197
    平成11年3月28−31日,神奈川大学(神奈川県横浜市)
    シリルボランからのシリルアニオン種の発生法
    河内敦,南本天,玉尾皓平

1998

  • (3)第45回有機金属化学討論会/ポスター発表
    平成10年9月12−13日,中央大学(東京都文京区)
    {トリス[2-(ジメチルアミノ)フェニル]ゲルミル}リチウムの合成,構造および反応
    田中陽子,河内敦,玉尾皓平
  • (2)第74回日本化学会春季年会/口頭発表 3A2-46
    平成10年3月27−30日,同志社大学(京都府京田辺市)
    [(アミノ)ジフェニルシリル]リチウムのX線結晶構造解析
    河内敦,城始勇,玉尾皓平
  • (1)第74回日本化学会春季年会/口頭発表 2A1-08
    平成10年3月27−30日,同志社大学(京都府京田辺市)
    シリレノイドの自己縮合反応における反応機構の理論的解析
    田中陽子,河内敦,玉尾皓平,波田雅彦,中辻博

1997

  • (2)第72回日本化学会春季年会/口頭発表 1E3-29
    平成9年3月27−30日,立教大学(東京都豊島区)
    14族元素を中核とする三脚型配位子の合成,反応および構造
    田中陽子,河内敦,玉尾皓平
  • (1)第72回日本化学会春季年会/口頭発表 1F212
    平成9年3月27−30日,立教大学(東京都豊島区)
    シラ-Wittig転位(3)立体保護効果の発現および簡便法の開発
    河内敦,土井孝之,玉尾皓平

1996

  • (5)第1回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 Abstract-78
    平成8年11月21−22日,茨城県つくば市
    シラ-Wittig転位
    河内敦,土井孝之,玉尾皓平
  • (4)第1回ケイ素化学協会シンポジウム/ポスター発表 Abstract-79
    平成8年11月21−22日,茨城県つくば市
    トリス[2-(ジメチルアミノ)フェニル]シランおよびゲルマン誘導体の合成,構造および反応
    田中陽子,河内敦,玉尾皓平
  • (3)第43回有機金属化学討論会/ポスター発表 PA110
    平成8年10月31日−11月1日,大阪大学(大阪府吹田市)
    トリス[2-(ジメチルアミノ)フェニル]シランおよびゲルマン誘導体の合成,構造および反応
    田中陽子,河内敦,玉尾皓平
  • (2)第70日本化学会春季年会/口頭発表 2J5-46平成8年3月27−30日,青山学院大学(東京都渋谷区)
    Sila-Wittig転位(2)
    河内敦,土井孝之,玉尾皓平
  • (1)第70日本化学会春季年会/口頭発表
    平成8年3月27−30日,青山学院大学(東京都渋谷区)
    官能性シリルリチウムの溶液中の構造解析
    河内敦,玉尾皓平
PAGE TOP